グループホーム

大正館 壱号館 グループホーム

グループホームとは?

グループホームとは、認知症によって自立した生活が困難になった方々に対して、安心と尊厳のある生活を営むことを支援する、新しい介護のあり方です。小規模な生活の場で少人数を単位とした共同住居の形態で、食事の支度や掃除、洗濯などをスタッフが入居者とともに共同で行い、一日中家庭的で落ち着いた雰囲気の中で生活を送ることにより、認知症状の進行を穏やかにします。

一日の流れ

老人ホームと呼ばれるような大型介護施設では、多人数向けの介護プログラムによる画一したケアを受けることによって、生活そのものがケアに支配され自己が失われていくような不安を感じられる方もいらっしゃり、それが過度なストレスとなる場合があります。
グループホームでは、使い慣れた馴染みのある家具や持ち物を一緒に持ち込んで生活が出来ますので、環境の急激な変化をもたらさず、過去の想いを大切にしながらゆとりある生活を営むことができます。また、スタッフにおいても認知症についての正しい理解および介護サービスについての専門的な知識と技術をもつ職員チームによって、一人一人の状況と希望に合わせた適切な介護サービスを提供し、入居者が心を癒し、生活に満足できるよう心掛けます。

  

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする

You must be logged in to post a comment.